老眼の症状が出てきたら対策しよう【加齢に負けない体を作る】

意識して摂取しよう

レディ

加齢に負けない体にしよう

老眼は加齢に伴う老化現象の一つです。眼精疲労や近くのものが霞む症状を完全に回復させることは難しいですが、健康管理をすることで老眼の症状を軽減して、進行度合いを軽減させる事はできます。老眼予防は、眼に必要な粘膜による保護機能を向上させていくことが大切です。ビタミンAやビタミンCは皮膚や粘膜を正常な状態に維持するのに必要な栄養素です。ビタミンAは人が物を見る時に明るく感じさせる光度を維持させてくれます。ビタミンAが不足すると、夕方から夜にかけて薄暗い環境で物が見えにくくなる夜盲症になる恐れがあります。また、ビタミンCには細菌やウィルスから身を守り、水晶体を保護する粘膜を作り出してくれます。高齢者の発症率が高い白内障予防にも効果的です。網膜の中心にある黄斑部は、ルテインを摂取することで保護することができます。ルテインにも白内障や老眼予防の効果があり、セロリやブロッコリーといった緑黄色野菜に多く含まれています。コエンザイムも老眼の症状をサポートしてくれます。イワシやウナギなどに含まれる成分ですが、サプリメントを使用して上手に摂取するとよいでしょう。青魚にはコエンザイム以外にもDHAが含まれており、網膜の細胞を活性化させてピントの合わない症状を軽減してくれます。老眼の症状を軽減させてくれる栄養素には他にもコンドロイチンがあります。眼の透明度を保ち、白濁を防ぐのは白内障対策にも繋がります。オクラや納豆などの豆類も眼の健康には欠かせない食材です。意識的にこれらの食材を摂取して、加齢に負けない体を作り出しましょう。

なりにくい人のと特徴

目

老眼の症状を感じにくいという生活習慣をしている人は、目元の血行を促進するようなケアを日頃から行っています。逆になりやすい生活習慣は、血行を悪くするタバコを多く吸うということです。予防したいなら禁煙しましょう。

詳しく見る

遠視との違いとは

ウーマン

遠視と老眼は全く違う原因で起こります。遠視は光の屈折異常でピントが合わないことが原因で起こるのが特徴です。老眼の症状は目の老化によって、筋肉が上手く水晶体をコントロールすることができず、調整異常で起こります。

詳しく見る

目にいいことを実践

中年女性

老眼は、年齢に伴ってものが見えにくくなる症状です。目の中にある筋肉が衰え、若い時のように見るのが難しくなります。評判のいい対処方法として、目の体操をしたり目にいい栄養成分の摂取があります。続けられる方法を行うのが良いでしょう。

詳しく見る

若くても注意が必要

眼球

通常の老眼は水晶体や毛様体筋の老化によって起こります。ですが、最近はスマホ老眼といって20代・30代という若い世代にも、老眼のような症状を感じる人が増えているようです。スマホが原因でピント調節機能が、上手く行われない事が原因で起こります。

詳しく見る

手元が見えにくい仕組み

女性

近くが見えにくくなる老眼は加齢によって目の筋肉の毛様体筋とチン氏帯が衰えることと水晶体が膨らみにくくなることによって起こります。その症状はほおっておくとどんどん進んでしまいますが、目の筋肉を鍛えることや栄養素によって症状を改善したり、進みを遅くしたりできます。

詳しく見る