老眼の症状が出てきたら対策しよう【加齢に負けない体を作る】

なりにくい人のと特徴

目

タバコとの関係性とは

最近、新聞を読む時にだいぶ離さないと文字が見えにくいという、症状を感じる40歳以降の人は「老眼」を発症しているかもしれません。老眼は目の老化で近くの物が見えにくいという症状が現れるのが特徴で、特に40歳から45歳前後になると、症状を訴える人が増えます。症状は目の老化が原因と聞くと、誰もが老眼になると考えてしまうかもしれませんが、実はなりにくい生活習慣を送っているという人もいるようです。老眼をできるだけ予防したいとう場合は、どのような生活習慣を送っていると老眼になりにくいのか、逆になりやすい生活習慣はあるのかチェックしてみましょう。目の周りの血流の流れが悪くなると目の老化が進み、老眼も引き起こしやすいと言われているので、目元の血行を促す生活習慣を心がけていれば、発症しにくいと考えられます。蒸しタオルなどで目元を温めるようなケアを、日頃から行っていたり運動や入浴で、全身の血行を促す生活習慣を持つ人は、なりにくいかもしれません。逆に目元の血行を悪くするような生活習慣を、若い頃から続けているという人の場合は、老眼になりやすいので注意が必要です。特にタバコは毛細血管を収縮する作用があるので、目元の血行を悪くするというだけでなく、酸化作用によって全身の老化を促進します。タバコを日頃から良く吸うという人は、血行不良と酸化による老化の促進で、老眼になりやすい危険性が高いです。最近、文字が見えにくくなったと感じる人で、タバコを普段から吸っているという場合は、禁煙して目の老化を予防しましょう。