老眼の症状が出てきたら対策しよう【加齢に負けない体を作る】

手元が見えにくい仕組み

女性

トレーニングで回復可能

35歳ころから手元の小さな字が見えにくくなる人が出始めて、40歳を超える頃には多くの人が同じ症状がではじめてきます。中高年齢になると手元が見にくくなる症状がほとんどの人が出始めますが、この症状を老眼といいます。老眼はその名の通り目の老化現象ということになり、加齢によって体の筋肉が衰えるのと同じように目の筋肉が衰えるためにおこります。ものを見る時は光が角膜に入って屈折し、瞳孔を通って、水晶体で更に光を屈折させます。最後に目の奥の網膜に像が映し出されるのですが、水晶体で光を屈折させるときには、水晶体の厚さを変えるために毛様体筋とチン氏帯という2つの筋肉が伸び縮みをすることにより水晶体の厚さを変えています。老眼は加齢によって2つの筋肉が衰えることにより水晶体を厚くしにくくなり、水晶体そのものも加齢によって膨らみにくくなることにより、近くが見にくくなる症状が発生するのです。老眼は何もしないでいると症状は徐々に悪化していき、近くの文字を見ることは不可能になっていってしまいます。しかし、毛様体筋とチン氏帯は筋肉なので鍛えることによって機能を回復させることが可能です。目の筋肉を鍛えるトレーニングは眼科にいくと教えてもらうこともできますし、書籍でもよく取り扱われています。老眼により食物やサプリメントもありますので、老眼が進むことを諦めることはせずに症状を改善またはそれ以上進めないような行動をとるようにしてみてください。