老眼の症状が出てきたら対策しよう【加齢に負けない体を作る】

遠視との違いとは

ウーマン

原因が全く異なる

視力が低下して物が見えにくくなる遠視と老眼、どちらも同じ原因で起こっていると思っている人も少なくないようです。実は遠視と老眼が起こる原因は全く異なるので、なぜ物が見えにくくなる症状が起こるのかチェックしてみましょう。まず、園地と老眼の違いを確認するためには人の目が持つ、物を見る時の機能を把握しておく必要があります。目に入ってきた光は角膜を通り、次にカメラでいうレンズのような役割をする、水晶体を通り屈折して眼球の奥にある網膜に到達します。網膜はカメラのフィルムのような役割を担う組織で、網膜でピントが合うよう水晶体の厚みを変えることで、人は物を目で見る事ができるのです。遠視の症状は入ってきた光が屈折異常を起こして、網膜の後ろ側でピントが合うような形となり、近くの物は見えるけど遠くの物が見えにくくなります。光の屈折異常で見えにくくなる遠視に対し、老眼の症状は加齢による老化によって、水晶体や水晶体の周囲にある筋肉が原因で起こるものです。年齢を重ねると目の組織も老化して、水晶体は固くなり水晶体の厚さを調整する、毛様体筋という筋肉の働きも衰えます。近い所を見るという場合、水晶体を厚くする必要がありますが毛様体筋が働かないため、水晶体を調節する事ができず結果、近くの物が見づらくなるのです。老眼の場合は水晶体や毛様体筋の調整以上という症状によって起こるため、光の屈折異常で起こる遠視とは全く原因が異なります。