老眼の症状が出てきたら対策しよう【加齢に負けない体を作る】

若くても注意が必要

眼球

スマホが原因になる事も

老眼は目の水晶体や水晶体をコントロールする、毛様体筋という筋肉の老化によって起こるため、通常であれば40歳以降に症状が現れます。今まで20代・30代という若い世代であれば、老眼の症状で悩むことは少ないと言われてきましたが、最近はこの考え方が変わってきているようです。老化が原因でない「スマホ老眼」という症状が、20代・30代という若い世代の人達の間で広がってきていると言われています。スマホ老眼は文字通り、スマートフォンが引き金となり目のピンとが合いにくくなる、症状のことを言います。人の目は物を見る時に水晶体の厚さを変えて、ピントを合わせるという特徴があり、近くの物を見る場合には毛様体筋が縮んで水晶体が厚くなります。加齢による老眼は老化によって、水晶体が硬くなってしまったり、水晶体を調節する毛様体筋の動きが弱まるために起こるのが特徴です。一方、スマホ老眼の場合は水晶体や毛様体筋の老化が始まっていなくても、視力が低下してしまうのが特徴的です。長時間、スマートフォンの画面を見続けると、毛様体筋が縮んだまま凝り固まったような状態となり、遠くの物を見ると見えづらかったり一瞬、遠くがぼやけて見えます。このような状態が長く続くとピントをコントロールする機能が低下し、遠くの物も近くの物も見えにくくなる、スマホ老眼となってしまうのです。小さな画面の中にある文字を長い時間、凝視してしまうスマートフォンは、パソコンよりも若い人のピント調節機能を低下させるとして懸念されています。